短篇小説を愉しむ文芸誌『吟醸掌篇』と、   それを出している「けいこう舎」について

こんにちは!

ご訪問をありがとうございます!

 

この「編集工房けいこう舎」は、小説家発の小さな版元です。

『吟醸掌篇』という文芸誌を出すために2016年に立ち上げられました。

 

『吟醸掌篇』とは何かといいますと……

 

「上質でおもしろい短篇小説の文芸誌をつくりたい!

 同人誌じゃなく、プロフェッショナルな! 

 やさしい友達に売りつけるんじゃなく、読者が楽しみに買ってくれるような!

 激安だけどギャラの発生する! 

 秀逸なコラムも載ってて、ちゃんとしたさし絵も入った! 

 すごくきれいな文芸誌!」

 

と志して、とある「注文のない小説家」が、毎月小銭を貯めて、知り合いの小説家をさそい、2016年に創刊したものです。

 

 とかく小説家は(自分も含め)己のことばかり考え、他人をねたんだりうらんだり、ひとと比べて自分で自分をばかにしたり、酒びたりになったり廃人になったりしがちですが、

「同業者とは、椅子取りゲームのライバルじゃなく、よい舞台をつくる仲間になりたい」 

 そんな思いが根っこにあったりして、「吟醸掌篇」は始まりました。

 

 いつも、優れた書き手、描き手、翻訳家、装幀デザイナーさん、印刷会社さんはじめ、みなさまのお助けで、いつもなんとか作りあげています。

 

 どうか弊誌をお手にとられ、愉しんでいただけたらほんとうにうれしいです。

 

 また、短篇小説を書きためてる小説家さん(プロ、ただし自称可)、絵描きさん、コラムが書ける読書人さん、どうぞいらしてください。

心のやさしい鬼の家です。

2022年6月吉日

編集・発行人 栗林佐知(けいこう舎)